オレゴンから、Hi♪

アメリカ西海岸のオレゴン州から、還暦過ぎのあれこれをつぶやきます

また来ましたぁ、熱波が・・・

今日から、この夏、3回目の熱波が来ています 今、午後4時前で、101F(38℃) 明日、明後日の最高気温の予想は、104F(40℃)と102F(39℃) またもや40℃近い日々・・・ その後の土日も、96F(35℃)と 92F(33℃) 庭の植物たち、また焼け焦げそうで心配 3回目の…

これ以上知りたくない

時々、思いませんか? 今から20年から30年くらい前には インターネットがなくても 情報不足で困ったことはなく 初めて行く場所にも、ちゃんと辿り着けて 携帯電話やスマホがなくても ちゃんと友達と待ち合わせができて 今は、知りたいと思えば、世界で起きて…

野生動物と人

手乗りしてくれたクリちゃんの写真を、フェイスブックの野鳥愛好グループのページに載せました 180もの「いいね」をもらって、「ラッキーね!」とか「羨ましい!」とかコメントもたくさん頂いて、とってもうれしかったんですが コメントの中に、ふたり 「野…

コロナ感染者、またまた増加中

私が住むオレゴン州では、6月30日をもって、コロナに関するすべての規制を取り除きました ワクチン接種済みなら、戸外はもちろん室内でも、ソーシャルディスタンスもマスクも不要(超密になる場合を除いて) ワクチン未接種の場合は、引き続き、自主的にマス…

あちゃぁー・・・

日本では昨日が、76回目の広島の原爆記念日でした 記念式典の大事な場面で、やっちゃいましたねぇ、あの方は、また 動画を見たら 76周年となめらかに言えず、詰まり ヒロシマすら、つっかえ 「原爆」を「原発」と言い間違え 挙句の果てには、演説の一番大事…

マスクしてないからワクチン接種済とは限らない

前の日の夕方、突然のテキストで頼まれたベビーシッター 父親が山火事消火のために休日出勤するので、子供をみる人がいないからです この家族については、この過去記事に書きました oregontabby.hatenablog.com で、昨日は、朝7時半ごろから午後5時半まで、…

2回目!手乗りクリイロコガラ

裏庭でキャンプ用の椅子に腰かけて、ブログを書いていたら コンコン、コココン、コン、コココン という聞き覚えのある音が おっ、あのクリイロコガラだ! 今日は、ずいぶん長いこと一緒に過ごしてくれました 私の手にとまって、ヒマワリの種を6、7粒取って、…

待ちぼうけ

まもなく一年になろうというキッチンの床・壁・キャビネット修理 予定したことがうまく運ばない 新しい床はようやく3月末に出来上がり、次は壁の修理と新しいキャビネットの設置 やってくれることになったハンディマンが今日、様子を見に来てくれる予定だっ…

『ラモーナ、八歳になる』

図書館から借りて読んだ児童書 子供って、毎日こんな風に物事をとらえたり、考えたりしてるんだ・・・ と感じ入りました 喜んだり 怒ったり 心配したり 悲しんだり こだわったり 主人公の女の子、ラモーナは、感受性が強くて、でも、自己肯定感もしっかり持…

途中で辞めて何が悪い

オリンピック女子体操で、アメリカのトップアスリート、シモーン・バイルスが、競技への出場を取りやめたのには、驚きました でも、取りやめた理由を読んで、納得 オリンピッククラスの超難易度の高い技を成功させるには、心と身体が完全にシンクロしてない…

エアコン後進国

昨日から、この夏2回目の熱波が来ています 今日は、100F(38℃)越えるというので、朝7時過ぎから、裏庭に簡易スプリンクラーを回し、その間に前庭に水やりしました 家に取り付けてあるセントラルエアコンは、まだ故障中なので ボックス型の扇風機を、一階に2…

今更ながら

アメリカって、こんな国だったっけ・・・? 前大統領の45が現れるまで、政治に関するニュースはほとんど見なかったので、以前と比較できないんですが 昨日は、公聴会があって、1月6日に発生した議事堂での暴動に出動していた警官4人が、4時間にわたって証言…

蝉と蛍と蚊

最近、日本の皆さんのブログに蝉のことがよく出てきます 皆さん、ちゃんと聞き分けて、名前も知ってて、すごいなぁと感心しています 蒸し暑い午後、あたりに響き渡る ミーン、ミン、ミン、ミン、ミン という蝉の鳴き声 イコール 気だるい夏休みの午後 ところ…

呆れるやら、情けないやら

今日のネットのニュースを見て、また「えっ?」と目を疑ったんですが 五輪の招致の時に「東京の夏は温暖」って言っちゃったんですか? 「一年で最もスポーツに適した季節」って、東京の夏のことですか? あ・き・れ・た! 嘘八百! 東京の今日の熱中症指数は…

グランド・ティトンに置いてきた

昨日(こちらでは今日の早朝)の開会式、こっちでは朝の4時スタートだったこともあって、ほとんど見ていません でも、ドローンで作ったあの動く球体は、見ましたよ とてもきれいでした 特に、シンボルマークから地球儀に変わる途中は、きらきらの星屑が散り…

混乱続きの東京オリンピック

連日の「辞任」「解任」のニュースに、太平洋のこっち側にいても、開いた口が塞がる暇がない・・・! 開会式の作曲担当のミュージシャンが19日に辞任して 今度はあろうことか、開閉会式のディレクターが22日に解任されて 開会式は、今日23日(日本時間) 「…

手乗りクリイロコガラ

昨日の午後、とっても嬉しいことがありました♪ うちの裏庭には、あちこちに拾ってきた枝を立てかけてあります ヒマワリの種を食べにくる小鳥がとまってくれることを期待して ここのところ、裏庭の日陰で、キャンプ用の折りたたみチェアに座って コーヒー飲ん…

今日の庭 前庭の花いろいろ

今日は朝のうち、曇り 玄関に出たら、私の大好きなバラが、あまりにもきれいに咲いていて、しばし見惚れました 曇っていて、写真を撮るのにちょうどいい光加減なので、撮影会 グラハム・トーマス 一重咲きのばら モーニング・カラー・ローズ ペチュニア ペチ…

あらっ、フライングで公開しちゃいました!

すでに、たくさんの☆を頂いているので、そのまま残しておきたいと思います が、まだ続きがあります よかったら、続きも読んで頂けるとうれしいです ↓ こちら oregontabby.hatenablog.com 有難うございます

腑に落ちました(完全版)

父の家での暴言が「言葉の暴力」だっていうのは、かなり前に気づいたけれど それが、心理的・精神的な虐待、とみなされる ということは、今まであまり考えたことがなかったです 虐待なんて、自分には関係ないと思っていましたから でも、調べてみれば 虐待に…

腑に落ちました(フライングで公開しちゃった版)

父の家での暴言が「言葉の暴力」だっていうのは、ある時点で気づいたけれど それが、心理的・精神的な虐待、とみなされる ということは、考えたことがなかった 虐待にはいろんな種類があって、ニュースで取り上げられるような痛ましい身体的虐待以外にも 傷…

ず~っと眺めていたい♪

朝、やっとこさ起きだして、暑くなるから乾燥しやすい鉢植えだけでも、お水をあげなくちゃ・・・と思って、庭へ出ます そこで、この子たちが飛び回っているのを見つけると、じ~っと眺めてしまいます 忙しく飛び回るたくさんのミツバチ ラベンダーが好きらし…

おばあちゃんへの仕打ち

私が子供だった1960年代から70年代は、まだ家庭内暴力、という言葉も考えもなかったと思う さっきちょっとDVについてネットで調べてみたら 「子どもの見ている前で夫婦間で暴力を振るうこと(面前DV)は子どもへの心理的虐待にあたります」 と書いてあって、…

食事のスケジュール

30代後半を過ぎてから海外に住むようになって、里帰りすることがあると、毎回うんざりすることがありました 私の日本滞在中のスケジュールを、父が勝手に決めるんです 里帰りの飛行機代は、私が自分で払っているのに、私は、自分の帰国中のスケジュールを自…

握手

父と一つ屋根の下に暮らしていた頃は、夜遅くまで聞きたくもない話を延々と聞かされたり、父の暴言や暴挙をやり過ごさなければならないのは、ほんとうに嫌でした さらに嫌だったのは、翌朝 出勤前の身支度を済ませた父が、前夜、遅くまで父のくだ話につき合…

鮨の順番

美味しいものを食べるのは、大好きです 幸せな気分になります でも、誰とどんな会話をしながら食べるかによって、その美味しいものも、一気にまずくなってしまうのも事実 父は美味しい食事をまずくするひとでした ******* お酒を飲むことと食べること…

ええっー?!

朝、起きて、パソコン開けて、ヤフー!ジャパンのニュースのタイトル見て、「ええっー?!」と思わず声が出ちゃった 『バッハ氏 首相に有観客検討要望』 って、前から変な人だなと思ってたけど、ここまでとは! この発言の裏にあるのは、たったひとつ、お金 …

ひと粒ダイヤのネックレス

ここでひとくぎりにします、と宣言した舌の根も乾かぬうちに やっぱり、まだ出てきちゃった ここからは、ほぼ、もう大人になってからのことなので 「うちの父親って、こういう人でさ・・・もう、参ったよ」と薄暗いバーか居酒屋で、お酒を飲みながら、思い出…

認めて欲しい気持ち

ここしばらく、私の辛かった子供時代のことを書いてきました これを書くことで、私が欲しかったのは 小学生くらいの自分に戻って 「私のうちって、私が小さい頃からずーっとこんなにしんどかったの」 「嫌なことがいっぱいあったの」 「誰も私の気持ちをわか…

父のこと

去年の9月に88歳で他界した父は、大変な人でした 会社勤めも長くなって、嫁入り先の心配をされ始めた頃、会社に来ていた親切なお掃除のおばさんから「私の親戚に、体が不自由だけど、いろんなことがわかるひとがいるから、結婚のこととかみてあげようか」と…