オレゴンから、Hi♪

アメリカ西海岸のオレゴン州から、還暦過ぎのあれこれをつぶやきます

病院が患者を訴える国、アメリカ

今朝の気温は、54F(12℃)曇りで、のち小雨かも

 

さっき、ネットでCNNのニュースを見たら

アメリカ南東部で病院を経営している大手の病院チェーンが、支払が滞っている患者を相手取って、一万9千件もの訴訟を起こしているという内容の記事がありました

どうやらこの病院チェーンは、もともと患者相手に訴訟を起こすことで知られているらしいので、他の病院系列は、これほどひどくはないようです

 

去年の3月から数えて一万9千件ということなので、パンデミックで仕事がなくなり、支払ができなかった人も多いんでしょう

アメリカでは、かかる病院によってこんなことにもなるのか、と暗澹とした気分になりました

幸い、私が住んでいる西海岸にはこの病院はないので、よかったです

 

日本でお勤めしていた頃、手術・入院したことがありましたが

入院費用は自分で支払い、入っていた生命保険から給付金が出たので、快気祝いもそれで賄いました

ほとんど懐が痛んだ記憶がないです

 

日本でも高額医療費となると、かなりの金額になると新聞で読みました

でも、よほどの重症か難病でないかぎり、医療費で破産・・・は、ないですよね?

 

フランスは、医療費は全額無料、って聞きました

 

アメリカの医療費は、ほんとうに高いです

こないだ、婦人科系のスキャンテストをしたら、日本円で8万円以上請求が来ました

つい最近の大腸内視鏡検査も10万以上かかるはずなんですが、頭金5万円を施術前に支払った後、不思議なことにまだ残りの請求書が来ません

 

アメリカで大病をしたら、病気の心配はもとより、病院からどれだけの請求が来るかがさらに心配で、もっと具合が悪くなりそうな気がします

 

日本のように公的な医療がしっかりしている国でも、それはそれでまた別の問題がある、とは聞いています

でも、医療保険のほとんどが営利目的の企業の手にあるアメリカでは、病気のことを考えると、お金の心配で胃がキュッと緊張します

これって、ほんと体に良くないと思うわ

 

どうにもならないことを考えても仕方がないので、普段は、あまり考えないようにしてます

 

でも、フランスみたいに医療費が無料だったり、日本のように接骨院へ行っても一回の支払いは300円くらい、だったら、すごくほっとして、緊張していた身体も緩むだろうなぁ・・・

 

元気なうちに健康保険料を納めておいて、高齢になったらその恩恵を受ける、って自然な流れのように思います

ずーっと病院にかかる必要がなく払った分を取り戻せなくても、それは健康でいられたわけだから、それはそれでありがたいことですもんね

 

 

 

 

クリックしてくださると、とっても嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブロコト

PVアクセスランキング にほんブログ村


北アメリカ(海外生活・情報)ランキング