オレゴンから、Hi♪

アメリカ西海岸のオレゴン州から、還暦過ぎのあれこれをつぶやきます

国葬の記事が消えちゃった

ご無沙汰しました

 

昨日は、午前3時に起きだして、エリザベス女王の国葬を見て、ひと眠りした後に

ひさびさにブログを書きました

 

ウィンザー城でお迎えしたポニーのこと、コーギーのこと

棺の上に飾られた3つの生花のリースのこと

「よし、投稿するか」というところで

どこをどう押したのか

 

全部消えてしまいました・・・!

 

慌ててあちこちいじったけど、ダメ

 

すぐには、もう一度同じことを書く気にならず、「明日にしよう」と思ったんですが

昨日のうちに、私が書いたことはどれもネットのニュースになっていて

今更、二番煎じの記事を書くのは、おもしろくなく

くさっております・・・

 

後で、過去記事として振り返った時に、思い出せるように

写真だけ載せておきます

ウィンザーで、女王陛下をお迎えするポニーのエマ

女王お気に入りの鞍とエルメスのスカーフをつけて

城内で待つコーギー、ミックとサンディ

最初のリース

ふたつめのリース

国葬の時のリース

リースに使われた花はすべてお住まいの庭園から摘んだものだそうです

国葬で飾られたリースに使われていたMyrtle(ギンバイカ)は、女王が結婚した時のブーケに使われていた枝から育ったもの、と知って驚きました

 

市民が献花したおびただしい数の花は、公園に移動して飾られ、最終的には堆肥としてリサイクルされるとのこと

 

そして、女王がパディントンベアと共演した際に出て来た、マーマレードサンドイッチ

最初のうち、花と一緒にこのサンドイッチをお供えする人が後を絶たず

「公園にやってくる野生動物が食べると害になるので、マーマレードサンドイッチのお供えは控えてください」というお達しが出たそうです

 

 

 

改めて

長い間お疲れさまでした

心からご冥福をお祈りいたします・・・(カーテシー)

 

 

Thank you for everything

私は、この日、イエローストーン国立公園にいて、すっかり見逃していました

youtu.be

 

最初見た時、「そっくりさん?」と思っちゃった

おちゃめなおばあちゃまです

 

それにしても、女王陛下の在位70周年をお祝いするコンサートの幕開けが、"We will Rock you"とは

さすが、イギリス

 

 

Rest In Peace, Her Majesty the Queen

イギリスのエリザベス女王が、今日(9月8日)96歳で安らかに天に召されました

 

70年もの長きに渡り、ほんとうにお疲れさまでした

愛する旦那さまと再会されて、微笑まれるお顔が目に浮かびます

どうぞゆっくりお休みくださいね

“Grief is the price we pay for love.” - HM Queen Elizabeth

 

 

すべてのイラストは、Eleanor Tomlinson Art のFBページから

Eleanor Tomlinson | Artist & Illustrator | East Yorkshire (eleanortomlinsonart.co.uk)

 



 

スイカとじゃがいも

今朝は、もっと布団の中でグダグダしていたかったんですが

「そうだ、朝市のスイカを買いに行こう」と思って、がんばって起きて出かけました

なのに、朝市のいつもの場所に、スイカ専門のお店は、もう出ていませんでした

今年のスイカのシーズンは、終わってしまったようです

 

スーパーで買うとバカでかいし、美味しいのを選ぶのが下手なので

スイカ丸ごと買う時は、スイカの名産地から売りに来るスイカ専門の農家さんから買うことにしています

大、中、小と欲しいサイズを伝えると、お店のひとがスイカをポンポン叩きながら選んでくれます

今年は2回、買いました

 

手ぶらで帰るものなんだし・・・と思って、桃とかネクタリンを見たけど

お値段が高くて・・・手が出ませんでした・・・💦

日本の朝市って、「新鮮で安い」というイメージだけど

こっちの朝市は、新鮮だけど、お値段もそこそこして、あんまり安いって感じがしません

 

朝市で買う気がなくなったので、もう少し足を延ばして、野菜の直売もしている園芸店まで行きました

ところが、ここでもお目当てのユーコン・ゴールド (Yukon Gold Potato) という種類のじゃがいもが、ない!

今日は、すっぽかされてばかり・・・

 

さすがにここまで来て、手ぶらで帰りたくないので、1本50セントのとうもろこしと桃、梨、ブルーベリーを買いました

ブルーベリーは、写真を撮る前に食べちゃいました(笑)

トウモロコシは安いと思ったけど

昔、本で読んだ「旬の果物や野菜を安い時にたくさん買って、工夫して食べる」なんて、なんだか昔のことのような気がしてきました

 

この辺りの朝市はなんだかトレンディになりすぎて

季節のものを安く売るというより、「珍しいものや上等なモノを栽培して、高く売る」みたいになってるんじゃないかなぁ・・・と思わずにはいられません

 

日本にいた頃時々利用した、野菜や果物の無人販売スタンドは、お得感いっぱいだったのになぁ・・・

 

 

 

古谷一行さん

次男坊の「朝ごはんちょーだい」コールにしぶしぶ布団から出て、ごはんをあげた後の朝8時

古谷一行さんが亡くなったというニュースを読みました

若かったころは、接待やら飲み会やらで忙しく、日本の映画とかテレビドラマはあまり見なかったので

「金田一耕助」も「金妻」も見てないんですけど

渋い役者さん、との認識はありました

 

訃報を知って、この写真を見て

親子孫3代 
降谷建志のインスタグラム@kj_kenji_furuyaより転載)

カッコいいー!・・・としびれ

息子さんの追悼の言葉を読んで、身内からこんな言葉が出るなんて、すごいなぁと思いました(私の実家は外面はよくて、内面最悪だったから、なおさら・・・)

さらには、古谷一行と共演した高橋ひとみの「キスがあまりに上手で、本当に好きになっちゃった」という過去のコメントも出てきて

えー、そんな色気のある男性だったのかー・・・

と出演作品をほとんど見てないことを後悔・・・

 

YouTubeで探してみようかな

 

ご冥福を心からお祈りいたします

 

 

やっと良くなってきました

始まって1週間以上経ったオットのじんましん

ふたつめの市販薬に変えて、今日、やっとずいぶんおさまってきました

あー、よかったわ・・・

私もようやく通常モードに戻りつつあります

 

普段心配しなくていいオットのお昼とか、ヒスタミンが少ない食べ物とか、いろいろ考えて、くたびれちゃった

調べてみると、オットがここ数か月集中して食べてたものが、ヒスタミンを豊富に含むものが多くて、冷蔵庫やパントリーに入っているものが、今はとりあえず食べない方がいいだろ、ってモノばかり・・・

いろんなナッツ、ピーナッツバター、ザワークラウト、トマト、キーファー、ヨーグルト、バナナ、蕎麦・・・などなど

 

庭では、暑いせいか、いつもよりたくさんの小鳥たちがバードバスに水を飲みに来ていて、賑やかです

 

 

鳥たちは、いたって平和・・・

 

 

まだまだヘロヘロ

先週の火曜日から始まった、オットのじんましん

 

土曜日に応急処置をしてくれる医療機関へ行って、抗ヒスタミン剤を飲み始め

昨日の月曜日には、紹介されたアレルギー専門の女医さんに診てもらいましたが

今日(火曜日)もまだ、あちこちにじんましんが出て、足の甲と裏も赤くなって腫れていて・・・かなり辛そう

 

 

このアレルギー専門の女医さんがねぇ・・・

あまり好感の持てる対応ではありませんでした

 

その1:まずは、問診で同席していた私のことを「お母さん?

妻です」と言ったら、あわてて「あら、ごめんなさい!白髪だから、どーのこーの

「ご主人は、まるで20代みたいに若いし、あーじゃこーじゃ」とかなんとか、言い訳してましたけど・・・

実は母親に間違われたのは、初めてじゃないので、それはまぁ、いいんですけど

(オットは今年52ですが、白髪がまったくなく、しかも童顔です 彼のお母さんも亡くなるまで白髪はなかったので、遺伝でしょうねぇ、羨ましいわ)

医者たるもの、もうちょっと発言に気をつけませんかねぇ・・・

なんだか思慮に欠けてませんか、先生?

 

その2.オットへの問診の仕方を聞いていて、なんとなくいい加減というか、質問が体系だっていないように感じて「大丈夫なのかなぁ・・・」

 

その3.アレルギーを調べるためにプリックテストをしたんだけど、どれにもアレルギー反応は見られず、でも、右のまぶたと上唇が腫れているのを見て、いきなり「注射をしましょう、すぐラクになるから」 その注射についての説明もなければ、オットの同意を求めることもなく、ほぼ問答無用

オットはその注射についての知識はあったからよかったけど、後から「必要なかった」「金儲けのために打ったんだ」(なら断ればよかったのに、そういうところでは黙る性格)

 

その4.注射後しばらくたって様子を見に来た女医さん「あら、よくなったわね」って言ったけど、ほんの気持ち程度で、たいした効果をオットは感じておらず

 

診察室を出る前に、アシスタントの若い女の子から、女医さんが処方した薬を渡され、指示通り飲むよう言われ、「ナッツは食べないように」という指示をもらい、さらに、どこの医療機関でもかまわないので、血液検査を受けて、来週また来るように、ということでした

が、この処方薬、実は応急処置の時に診てくれた医師からすでに処方箋をもらっており、その時に、薬の副作用や危険性について詳しく説明をしてもらっていました

彼が、この薬の使用に慎重であることが、説明を聞いていてわかりました

なので、オットは服用するつもりはありません

が、この女医さんからは、そんな説明はまったくなし

 

この女医さん、オットは多分もう行かないんじゃないかと思います

素人目には、経歴とか立派なんですけどねぇ・・・

 

 

じんましんの出る場所は、毎日どんどん変わっていて、いちばんひどい時よりはましですが、まだまだあちこち赤くて、腫れてるところがあります

昨日から、別の市販薬に変えたんだけど、いったいいつになったらおさまるのやら

 

本人はもちろんいいかげん、参っていますが、傍で見ている私もなんかくたびれてきた

 

じんましんって、原因がわからないことが多いって読んで、さらにげんなり・・・